無料ブログはココログ

NHK時計

« YAHOO!動画のアニメ | トップページ | 最上川 »

2007年1月 7日 (日)

神戸町に行ってまいりました

 いろいろあって正月にできなかった帰省を、7日にやってきました。

 住んでいる名古屋を朝に出発。と同時に小雪がちらつき始め、あっという間に横殴りに。名古屋駅からのJRは定刻通りに出発したのだけど、踏切で減速せざるを得ないみたいでだんだん遅れていきます。それでも大垣からの近鉄電車に予定通り乗り継ぐことができ、しかもこちらは定刻運転。

 そういえば大垣より北の近鉄沿線から名古屋へ出るとき、以前は桑名を回って近鉄だけで乗り通したほうが、時間はかかったけど安かったんですよね。でも近鉄の度重なる値上げと養老線加算運賃が相まって、今やJR経由のほうが安い。実は岐阜で切符を買い直すともっと安くなるんですけどね・・・。

 最寄り駅には父が車で出迎えてくれました。しかも飼ってるチワワの一匹もお迎え。こいつは人懐こい。もう一匹は人慣れしないけど、ようやく最近親近感を覚えてくれたみたいで、実家に帰ると盛んに吼えて歓迎。でも人間が食べ物をくれそうなときだけは後者も人懐こいんだよな・・・。

 互いに近況を報告。父の実家が郡上にあるけど、東海環状道が出来たら早くなるだろうな、などと夢想し合う。でも10~20年くらい先の話だろうねえ。でも面白みからいったら下道なんだよなあ・・・。なに?地元の小学校が児童の帰りをバスで送るようになった? 山間部でもないのに? 長浜の事件とかあったからかなあ。

 あっという間に昼。雑煮が出てきました。濃尾平野の、すまし汁にもち菜(小松菜)と鰹節と餅が入っただけのシンプルな雑煮。そういえば岐阜県外でもけっこう神戸町産小松菜って見かけるんだよねぇ。実家独特の味といわれるカレーまで出てきました。雑煮とカレー・・・。最近めったに見かけない大粒の梅干もいただきます。

 それから母が、ここ数年はまっている俳句の新春句会があるということで岐阜市へ車で出発。何なんだろう、会場のドリームシアターって?  で送った後、父と共に、同じ岐阜市内に住む弟のところへ行きます。結婚してる弟宅では昨年待望の赤ちゃんが誕生。父は初孫がかわいくて仕方ない様子で、「もうやめとき」と言いたくなるほどベタベタ。私も子どもと動物には目がないんですけどね。

 岐阜市内はまだ市内電車のレールが残ってる箇所が多かったですね。ドライバーにはレールが邪魔でしょうがない模様。確かにあれは滑るけどね。LRTで復活させようという動きが関にあるけど、果たして車組を説得できるかどうか。それからシティタワー43が遠くからやたら見えました。今まで金華山がランドマークだった岐阜市で新たなランドマークになりそうな予感。岐阜放送も今年秋に移転してくるし。

 平野庄橋が整備されてから、西美濃だけでなく岐阜地域へも便利になって四半世紀を超えた神戸町。少子化と交付金削減で大変みたいだけど、ロケーションは悪くないんだから、閉鎖性を捨てればもっといきいきするんじゃないか。合併が消えたばかりの昨年とは違って、そういう自覚を持ってしっかり歩んでほしい、と思った年頭でした。

追伸 いまFNNの全国ニュースで、同じ安八郡の安八町の人が遭難といってます。ただ安八郡の他の町ってみんな大垣の東にあるから、方向も環境も全く違っててあんまりシンパシー感じないんですよね・・・。

« YAHOO!動画のアニメ | トップページ | 最上川 »

コメント

 
こんにちは。実家に里帰りですか。
良いリフレッシュになるといいですね。

そいえば、近鉄で桑名回りで大垣に向かうと安いって聞いたことがあります。
最近は、逆なんですかぁ。知らなかった・・・。
(あの辺り、割と土地勘あるんで・・・)

岐阜の路面電車、無くなってさみしいです。
確かに、かといって乗ることの無い自分が言うのもなんなんですが。

ちょっと岐阜ネタで親近感が湧いたんで、書き込み失礼しました。

今後ともよろしくお願いします。

飲茶楼さんはじめまして。なんか昔の飲料みたいな名前ですね。お好きだったんでしょうか。
 ちなみに広神戸駅や北神戸駅から近鉄のみで名古屋までは1080円、JRを使うと740+270=1010円です。JRって大都市圏を除くと高いイメージがありますが、それでも近鉄のほうが高くなるなんて。
 私も岐阜県には愛着持ってます。アイラブギフですので(←古っ! 山陰にはあいらぶさんいんってのもあるんですよ)。東京にいると東海を持ち上げ(閉鎖的にならないようにしつつ)、名古屋にくると名古屋をこきおろし岐阜県を愛する私。たぶん岐阜市に行くと岐阜地域をこきおろし西濃バンザイになるんでしょうね。単なる判官びいきと批判するのは簡単ですが、そういうバランス感覚を持つこと自体は必要だと思います。

私の親戚も安八郡に住んで、農家の傍ら
岐阜新聞を配ったりしていたのでかじかさんの様な方に接すると妙に嬉しくなってしまいます(笑)。
TXの件ではどうもでしたが(苦笑)

親戚が住んでいたのは旧海津郡で今は海津市となっている地域でした(苦笑)。
竹鼻線の大須駅(今は廃止)のすぐ近く
だったんと言えばかじかさんなら分かるかと。

NHKの記事から続けて、どうもありがとうございます。
 ご親戚が海津郡(海津市)ですか。大須(名古屋の大須観音のルーツです)の対岸というと平田ですね。私の小さい頃はお千代保稲荷に家族でお参りに行ってみたらしだんごを買い、帰りに岐阜羽島の周辺の田んぼに車を止めて新幹線を見る、ということをよくやってましたので、とても懐かしい感じがします。今はモータリゼーションが進み、岐阜羽島周辺もかなり建造物が目立つようになりました。
 高校の頃、学区が西美濃じゅうだったので、当時から放送好きだった私は、市や郡毎に架空の放送局を作って遊んでたのですが、海津郡は「海津郡放送」という地味な名前にしました。なぜかって? 略称が「KGB」になるからです(おーこわ)。
 安八郡は、昔は今の大垣市の大半を含めた広いエリアが安八郡でしたが、大正時代に大垣が市制を施行し、昭和の大合併で大きくなり、更に平成の大合併で墨俣まで、間に安八町を挟んだまま合併してしまい、残るは3町です。しかも4町時代も、わが神戸町だけ大垣の北にあり、あとは大垣の東にあって大垣も岐阜も指向してますので、安八郡としてのまとまりなんてなかったんですけどね。
 それと、岐阜新聞って弱いんですよ。ブロック紙が地方紙より強いなんて、全国でも岐阜県と三重県だけでしょうね。もっとも両親はよそ者でしたので、地元の事情を知らなかったことや、中日より地元記事が多いことがあって、一時期を除きずっと岐阜(日日)新聞を購読してますが。

確かに親戚の話によれば、中日新聞にかなり押されていた様ですね(笑)

TXの無いテレビなんて・・・さん、はじめまして。
 戦時統合の後、どうやって中日新聞がシェアを東海じゅうで伸ばしたのか分からないんですよ。岐阜新聞グループに本気で誇りを持ってるのは、岐阜市近辺の岐阜地域の人だけでしょうね。彼らには全県的にみる視点がなさそうで、県内どこでも無条件に岐阜市と名古屋との両方をみてくれてると思ってます。
 ただ、シェアは中日7割、岐阜2割、あとの1割を全国紙が分け合ってる状態でほぼ安定しています。岐阜新聞も経営が危ないわけではなさそうです。

返答有難うございます。
中日新聞がどうやって東海地区でシェアを伸ばしたかですか・・・・。

私の調べた限りでは中日新聞は「ドラゴンズ」と「ラ・テ電波」を武器に東海地区全体でシェアを伸ばした様に認識していますが・・・。
某1000万部全国紙と同様のやり方と言える
のでは無いかと(笑)。
中日新聞の母体となった「新愛知」(名古屋軍(今のドラゴンズ)「名古屋新聞」(名古屋金鯱軍)共々プロ野球チームを持っていて、又「新愛知」の方は初めは正力構想に対抗して東京(これは現在の東京新聞に呼び掛けて「大東京軍」が結成された)、新潟、札幌とで独自のプロ野球リーグを計画していた位ですから、双方とも新聞社がプロ野球を持つ意味が分かっていたのでしょう。
で戦後中日新聞になってからはブロック紙
同士という事で文字通りの共存共栄だった
読売と中日が読売の名古屋進出によって一転「名古屋戦争」になったというのが面白い所ではありますが。
私の目で見ると「岐阜新聞」は東海地区に於ける中日(CBC・東海)VS読売朝日連合
(メ~テレ)の「名古屋戦争」の狭間で埋没してしまった様な印象を受けたりもする
んですが・・・。
以上私の勝手な考察でした(笑)

もう一つ次いでながら岐阜放送は計画段階ではNET系VHF局(チャンネルは7)として
出発する予定だったのが7チャンネルというのは極度に帯域が狭く6チャンネル(ABC)、8チャンネル(今話題の(笑)KTV)と混信しやすいという理由で「日本初のUHF親局」且つ「日本初の独立局」としての出発を余儀無くされたという話を伺ったのですが。

とこんな場所までテレビの話を持ち込んで
すみません。

返答有難うございます。
中日新聞がどうやって東海地区でシェアを伸ばしたかですか・・・・。

私の調べた限りでは中日新聞は「ドラゴンズ」と「ラ・テ電波」を武器に東海地区全体でシェアを伸ばした様に認識していますが・・・。
某1000万部全国紙と同様のやり方と言える
のでは無いかと(笑)。
中日新聞の母体となった「新愛知」(名古屋軍(今のドラゴンズ)「名古屋新聞」(名古屋金鯱軍)共々プロ野球チームを持っていて、又「新愛知」の方は初めは正力構想に対抗して東京(これは現在の東京新聞に呼び掛けて「大東京軍」が結成された)、新潟、札幌とで独自のプロ野球リーグを計画していた位ですから、双方とも新聞社がプロ野球を持つ意味が分かっていたのでしょう。
で戦後中日新聞になってからはブロック紙
同士という事で文字通りの共存共栄だった
読売と中日が読売の名古屋進出によって一転「名古屋戦争」になったというのが面白い所ではありますが。
私の目で見ると「岐阜新聞」は東海地区に於ける中日(CBC・東海)VS読売朝日連合
(メ~テレ)の「名古屋戦争」の狭間で埋没してしまった様な印象を受けたりもする
んですが・・・。
以上私の勝手な考察でした(笑)

もう一つ次いでながら岐阜放送は計画段階ではNET系VHF局(チャンネルは7)として
出発する予定だったのが7チャンネルというのは極度に帯域が狭く6チャンネル(ABC)、8チャンネル(今話題の(笑)KTV)と混信しやすいという理由で「日本初のUHF親局」且つ「日本初の独立局」としての出発を余儀無くされたという話を伺ったのですが。

とこんな場所までテレビの話を持ち込んで
すみません。

TXの無いテレビなんて・・・さん、どうもありがとうございます。
 戦時統合で、岐阜県の新聞は岐阜合同新聞(そのまんまのネーミングだなぁ)に統制されます。ですので、統制が解除された時点では、改名した岐阜タイムスがシェア1位でもおかしくなかったんですよね。なのにどうして中日が大逆転できたのでしょうか。ドラゴンズとラテだけでそんなに逆転できるもんなんでしょうか。そこが疑問なんですよ。ちなみに中部日本新聞の誕生も戦時中だったはずです。
 あと、岐阜県は首都圏や関西のようには、名古屋圏としての広がりの影響を受けない地域だと思います。マイカーが多く鉄道運賃も高いうえ、東海地方外からの積極的な転入が殆どないので、全国紙を購読するという人は少ないと思うんですよ。現に岐阜新聞は、全国紙の合計の倍の部数を獲得しているわけで。だから、「全国紙VS中日の間に岐阜日日が埋没した」というのは正しくないと思いますよ。
 GBSの7ch計画は私も聞いたことがあります。8chと物理的にかぶるので無理ですよね。中京も最初は7chを狙ってたと言ってます。しかし、岐阜発の広域局が出来なかったのは中日の陰謀でしょうね。広域局が名古屋にしかあってはならない、という決まりはないですから。県域局だと、県庁所在地とは別に本社を置く局が実際に存在しますしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸町に行ってまいりました:

« YAHOO!動画のアニメ | トップページ | 最上川 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31