無料ブログはココログ

NHK時計

« 私的ボンバルディア考 | トップページ | 岐阜県って元々は何? »

2007年3月28日 (水)

新しい自分へ

 昨年1月31日限りで、それまで14年間勤めていた会社を辞めました。

 もともと器用でもない者が運輸会社にいることには無理がありました。何をやらせても「どんくさい」し、私の場合つい考え込んでしまうクセもあり、常に自分らしさと正反対のことをせねばならない辛さがありました。

 しかし、辞めた理由はそれだけではありません。同族会社ゆえか上意下達の強さ。それでいて厳しい言動のわりに裏の評価が甘く、会社としていつまで経っても利益が出ない体質。会社としてはメインでない自分の仕事への周囲の無理解。・・・いろいろありました。

 世では転職のリミットは35歳といわれます。37歳で転職に踏み切るということは、それだけでハンディがあります。まして私には転職に生かせるような資格はありません。しかし前述の状況を考えると、これ以上前の会社にいるメリットはありません。進むも地獄、退くも地獄の思いでした。しかしどうせ地獄ならば、自分らしく生きたいと思いました。働きながら転職活動のできる状況ではなかったので、思い切って踏み切りました。

 辞めてはみたものの、自分がどんな方向に進んだらよいかも分かりません。沈思黙考が得意とはいうものの、それが具体的な職業に結びつくようにも思いませんでした。とりあえず事務か、地理好きなので旅行代理店も受けてみるのですが・・・ 事務だとキャリアが要ります。事務のような現業のような営業のような・・・という中途半端な仕事だった私にはマイナスです。旅行代理店だとやはり資格かキャリアが要ります。今更学者の道も遠いです。資格や大学院を考えると費用がかかりますが、そんなお金はありません。無理して違う仕事に就くと、あとあと私の心身にもマイナスです。今後ますます転職が厳しくなるというのに。14年働いて自己都合で辞めた場合、3ヶ月の待機期間を経て失業給付が6ヶ月間受けられることになりますが、果たしてその間に新就職先が見つかるのか・・・。

 そうこうしてるうちに、辞めて3ヵ月後の4月中旬、とあるNPO法人から土曜に面接し即内定を頂き、翌月曜から働くことになりました。このNPO法人は、企業や役所と多くのNPOとが協働できるように作られたもの(純民間)で、意義からすると面白そうに思えました。しかし実際には、まだ協働は軌道に乗っておらず、行政やその関連団体の助成を受けることが主な仕事でした。そうなると企画書が書けないといけません。企画書を書くためには、具体的に何をするか、何をどれだけ用意するかのセンスがないといけませんし、それに沿って予算をつけられないといけませんが、私にはそんなセンスはありません。残念ながら、やってゆけないことを自覚せざるを得ませんでした。そればかりでなく、代表理事といわれる人がすべてを仕切ろうとし、細かい点まで思い通りになってないとすぐキレるわりに自分の思いを具体的に伝えないことにも嫌気が差しました。結局1ヶ月強で辞めました。試用期間だったので退職金は当然ナシですし、働いた期間が短かったので新たに失業認定を受けるのではなく前の会社の失業認定期間に入るので、先行き不安です。

 就職活動をしつつ、次の機会が来たのはその年の7月でした。教材を編集する会社(事実上は校正が主な業務)でアルバイトに応募したのです。面接した感じでは、業績次第では正社員登用もあり得るということでした。入ってみると、ちょうと期限が迫っている仕事が多く、ライターさんが解いた問題をこちらでひたすらチェック(つまり自分も解いたり書式があってるか確かめたりする)してました。とてもやりがいがある仕事で面白かったのですが、やり始めた時期の仕事が途絶えると、仕事がだんだんなくなってきました。ついにある日、自宅待機を打診されました。9月でした。厚生年金に入ってる会社でしたので、国民年金免除の手続きもまたやり直さないといけません。いやそれより就職活動・・・。

 その後、11・12月と、社会的起業の講習を受けてました。これは県が雇用能力開発センター(国管轄)との共同企画ですので、費用がゼロなうえ失業給付が受けられます。もし会社に就職しても経営の基礎知識は得られますので、受けました。終わって5日後、ついに失業給付期間が終了しました。

 さて、実はここまでの間、少しでも収入が得られ働くことで精神的安定も得られるようにと、この年の3月から個人指導塾の講師をアルバイトでやるようになりました。といっても子どもを追い立てる進学タイプでなく補習型なのですが。個人指導ということになると、その子どもがどこでつまづいているかを客観的に把握する必要がありますし、学習内容に少しでも興味を持ってくれるよう楽しくやらないといけません。このあたり、いざやってみるととても面白く感じましたし、とても手ごたえを感じました。このことと、7月に全く別の団体が主催したサマーセミナーという「誰でも講師になれどんな分野でも講義できる」イベントに参加してくれた人の言葉により、「教える」仕事が向いているのではないかと思うようになりました。

 そこで、この年の年末から今年はじめにかけて、2つの学習塾に応募しました。年末に応募したところは蹴られましたが、今年はじめに応募したところには、1月末に内定をいただきました。しかも、今までやってきた学習塾と同じフランチャイズなのです。同じフランチャイズゆえ、かえって移籍が難しくなってしまい、今まで勤務していたところの契約の満了(3月28日)を待って働き始めることになりました。新勤務先のオーナー社長は、本当は2月初旬からA校で室長をやる想定をしていましたが、移籍遅れのためB校の副室長という形になりました。本部での研修も同様に2ヶ月ズレ込みます。

 で、きのう(27日)、最後の旧勤務先へ出発したのですが、途中で室長から、きょうは室長がかわって授業をするとの連絡を受け、最終回はなくなってしまいました。子どもさんには最後の授業である旨は言えないことになってますので、さようならはもともといえませんし、オーナーである室長が授業を代行することはきょう28日を含め数回あったのですが、当日に突然言われたのは初めてでした。あっけない幕切れにしばし呆然としました。

 今までいったい何社応募したでしょう。自分でもあまりに多すぎて数えられません。

 さあ、気分を切り替えて、あすから新天地での勤務が始まります。あす・あさってはアルバイト扱いながらフル勤務、来週から正式に正社員として働きます。管理業務が加わるとはいえ、今まで1年間やってきたことも多いので、今度こそ離脱することはないでしょう。年収300万にも満たない給料ですが、やりがいと働く喜びがせっかくありますので、無駄にしないようにしていこうと思っています。

« 私的ボンバルディア考 | トップページ | 岐阜県って元々は何? »

コメント

我が塾の方も大変で、そろそろ転職も意識しています。今の流れでは、カウンセリングか日本語教師の資格を取って…という方向が良さそうですが、どちらにしろこの数年が大変ですね。

政府の間違った経済政策のお陰で、一般人は大変です。

TACさんって塾をやっておられたんですね。存じて7ヶ月くらいになると思いますけど全く気づきませんでした。
社員になる身でこういうことを言うのも変ですが、いわゆる学校が少人数教育を導入せず一斉授業をとりやめもしない限り、私たち補習型の塾は繁盛するのだと思います。少人数教育についてはちょっと変化の兆しが見えてきましたけど、セレスタン・フレネの妻は「25人以上なら教育でなく工場」と言い切りましたから質的にはまだまだですし、一斉授業なんて頭の片隅にすらない人が多いですから、ホント安泰で嬉しいです(笑)。
 あと、憲法25条や13条を変える気がないまま再チャレンジというのなら、生活保護の水際拒否を今すぐやめ、働いた場合に生活保護より高い水準(時給1000円かどうかは別として)で暮らせるようにし、なおかつ就職差別の撤廃策をきちんとし、人間の多様性を踏まえてほしいです。これなら雇用のミスマッチや雇用契約違反があってもすぐ辞められますし、いくらでも再チャレンジができます。企業も人間の多様性を前提に職場が作れますし、経営者が上意下達に甘えていればすぐ会社がつぶれます。つぶれても個人の生活は収入こそ減ってもきちんと送れますし、それで人生設計ができない社会になり少子化が進むのなら社会の自業自得と言い切れるようになります。政府には最低限ここまでやってほしいもんです。

うみがめさんの所で、コメントに入られてたので。

情に流されていても、生きてる人での生活ですから
やっていけないと思っています。

新しい生活との事、頑張って下さいね。
自分の中にまだある気がつかない可能性が
広がるよう願っています。

うみがめさんの所で、コメントに入られてたので。

情に流されていても、生きてる人での生活ですから
やっていけないと思っています。

新しい生活との事、頑張って下さいね。
自分の中にまだある気がつかない可能性が
広がるよう願っています。

keiさん、はじめまして。書き込みありがとうございます。
 候補者としては確かに落ちればタダの人ですが、有権者が一時の情にほだされたばっかりに世襲政治家に政治を託してしまっては、モノ考える有権者に失礼です。なんで遺族だからといって市政を自分たちのもののように思うんですかねぇ・・・。
 励ましありがとうございます。確かに未知の可能性はあるかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/189467/5885470

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい自分へ:

» 【車購入の見積りを依頼する】 [【車購入の見積りを依頼する】]
車購入の見積りを依頼する 車買取りとは買取りのみで契約することで下取りの場合は車購入時に買い取ってもらい差額を払うことです。 注意したいのは下取り価格! 車の値引きと合わせての定時になるので下取り価格が買取り価格よりも高くても実際は値引き分を下取り価格にプラスしただけなどのケースもあります。 正しい下取り価格を調べるには下取りがあるときと無いときの値引き、車購入の見積りを依頼することがポイントです。 ... [続きを読む]

» テープライターの通信講座について [テープライターになりたい!]
「テープライターになりたい!」は、テープライターになりたい人のための情報サイトです。 [続きを読む]

» 転職サイト比較 [転職サイト比較2007]
転職サイトの比較・ランキング紹介をしています。良かったらみてみてください♪ [続きを読む]

» 事務派遣 [Jobsearch]
一般事務をはじめとする派遣の仕事を紹介しています♪ [続きを読む]

» 基礎とヒネリを身につけ 収入アップ!! 3歳の魔女っ子からのアドバイス [基礎とヒネリを身につけ 収入アップ!!  3歳の魔女っ子からのアドバイス]
     サラリーマンのみなさんへ  4月11日 21時 再開販売です  先着100名限定価格 7,800円  アフィリエイトされてる人   アフィリエイトを考えている人    ちょっとしたノウハウを身につければ違うのです  基礎...... [続きを読む]

« 私的ボンバルディア考 | トップページ | 岐阜県って元々は何? »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31