無料ブログはココログ

NHK時計

2007年1月 7日 (日)

神戸町に行ってまいりました

 いろいろあって正月にできなかった帰省を、7日にやってきました。

 住んでいる名古屋を朝に出発。と同時に小雪がちらつき始め、あっという間に横殴りに。名古屋駅からのJRは定刻通りに出発したのだけど、踏切で減速せざるを得ないみたいでだんだん遅れていきます。それでも大垣からの近鉄電車に予定通り乗り継ぐことができ、しかもこちらは定刻運転。

 そういえば大垣より北の近鉄沿線から名古屋へ出るとき、以前は桑名を回って近鉄だけで乗り通したほうが、時間はかかったけど安かったんですよね。でも近鉄の度重なる値上げと養老線加算運賃が相まって、今やJR経由のほうが安い。実は岐阜で切符を買い直すともっと安くなるんですけどね・・・。

 最寄り駅には父が車で出迎えてくれました。しかも飼ってるチワワの一匹もお迎え。こいつは人懐こい。もう一匹は人慣れしないけど、ようやく最近親近感を覚えてくれたみたいで、実家に帰ると盛んに吼えて歓迎。でも人間が食べ物をくれそうなときだけは後者も人懐こいんだよな・・・。

 互いに近況を報告。父の実家が郡上にあるけど、東海環状道が出来たら早くなるだろうな、などと夢想し合う。でも10~20年くらい先の話だろうねえ。でも面白みからいったら下道なんだよなあ・・・。なに?地元の小学校が児童の帰りをバスで送るようになった? 山間部でもないのに? 長浜の事件とかあったからかなあ。

 あっという間に昼。雑煮が出てきました。濃尾平野の、すまし汁にもち菜(小松菜)と鰹節と餅が入っただけのシンプルな雑煮。そういえば岐阜県外でもけっこう神戸町産小松菜って見かけるんだよねぇ。実家独特の味といわれるカレーまで出てきました。雑煮とカレー・・・。最近めったに見かけない大粒の梅干もいただきます。

 それから母が、ここ数年はまっている俳句の新春句会があるということで岐阜市へ車で出発。何なんだろう、会場のドリームシアターって?  で送った後、父と共に、同じ岐阜市内に住む弟のところへ行きます。結婚してる弟宅では昨年待望の赤ちゃんが誕生。父は初孫がかわいくて仕方ない様子で、「もうやめとき」と言いたくなるほどベタベタ。私も子どもと動物には目がないんですけどね。

 岐阜市内はまだ市内電車のレールが残ってる箇所が多かったですね。ドライバーにはレールが邪魔でしょうがない模様。確かにあれは滑るけどね。LRTで復活させようという動きが関にあるけど、果たして車組を説得できるかどうか。それからシティタワー43が遠くからやたら見えました。今まで金華山がランドマークだった岐阜市で新たなランドマークになりそうな予感。岐阜放送も今年秋に移転してくるし。

 平野庄橋が整備されてから、西美濃だけでなく岐阜地域へも便利になって四半世紀を超えた神戸町。少子化と交付金削減で大変みたいだけど、ロケーションは悪くないんだから、閉鎖性を捨てればもっといきいきするんじゃないか。合併が消えたばかりの昨年とは違って、そういう自覚を持ってしっかり歩んでほしい、と思った年頭でした。

追伸 いまFNNの全国ニュースで、同じ安八郡の安八町の人が遭難といってます。ただ安八郡の他の町ってみんな大垣の東にあるから、方向も環境も全く違っててあんまりシンパシー感じないんですよね・・・。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31